人間復権のための旅路 YouTube 再生リスト

人間復権のための旅路 YouTube 再生リスト

「人間復権のための旅路」の制作にあたって

 今回、この番組を企画した直接的な要因は2020年に始まったコロナウイルスの感染拡大です。
 ハンセン病回復者である理事長の伊波敏男は、現在、沖縄の老人施設に入居していますが、とても元気です。本来であれば、これまで住んでいた長野県等を中心に、講演活動を継続できたはずです。(2000年以降だけでも300回を超える講演をしてきました。)
 しかし、コロナウイルスの感染拡大で、伊波敏男自身が沖縄の施設から外出できなくなり、また、人を集めて対面で講演することが困難となりました。
 そこで、Webを使って、インタビュー形式での動画を制作し、公開することにしました。
 私自身が、伊波敏男の人生に興味があったので、幼少期から現在に至るまでを自身の言葉で語ってもらうことにし、同じ理事の長野県同和教育推進協議会の清水稔さんに具体的な企画内容を練り上げてもらいました。
 伊波敏男は、自身の人生を踏まえ、すでに世に「花に逢はん」他何冊かの本を送り出しています。今回のインタビューで語られる内容は、それらの本に書かれていることも多くあります。しかし、文字で表現することと、動画で自身が語ることは、また別の意味があるのだろうと思います。動画の方が優れていること、文字の方が優れていること、両方あると思いますので、動画をご覧になって、より深く知りたいと思った方がいらっしゃれば、「花に逢はん」他伊波の本をお読みいただければ幸甚です。
 伊波敏男の人生は、人々の心の中にある差別や、矛盾した社会制度などとの苦闘の歴史です。しかし、ひとりで闘って来たわけではなく、多くの人たちに支えられてきた歴史でもあります。伊波の想いは、多くの人々の心に根を張ってきました。
 この動画を通じて、伊波敏男の想いが、社会にさらに太く広く根を張ることを願っています。

「クリオン虹の基金」理事・事務局長 弓場法(ゆばあきら)