「人間復権のための旅路」終章公開 引き続き特別編などを公開していきます

2021年8月から公開を始めた「人間回復のための旅路」は、26回目終章 私の生き方 を公開しました。

今後、特別編として「別れの散山節」を公開予定です。ラジオキャスターでクリオン虹の基金の理事でもある広沢里枝子さんに、伊波敏男の著書「花に逢はん」から伊波敏男がハンセン病発症を告げられた日の一節を朗読していただきます。また、その時に伊波敏男の父がハンセン病療養所に息子を送り出す悲しみを込めて唄った「散山節」を、沖縄屈指の古典音楽の謡い手である目取真永良(めどるまえいりょう)様の楽曲でお聴きいただきます。公開は11月下旬の予定です。

なお、「伊波敏男の考えて来たこと」シリーズも順に公開していきます。テーマの次の通りです。

1 ダミアン論争

2  明治時代の台帳「癩病患者並血統家系調」

3 「らい予防法」違憲国家賠償訴訟から20年

4 長野大学最終講義 学生たちへのメッセージ

5 人権教育の担い手・父母と先生たちへ

YouTubeチャンネル「クリオン虹の基金」へ登録していただけば、公開時にお知らせが届きます。チャンネル登録をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です